必要条件を決めておく

譲れない条件を決めておく

トラックドライバーの求人を探す場合、たくさんある求人の中から自分にピッタリと合ったものを探すのは、なかなか大変ですよね。勤務地や、大型トラックか中型トラックかなど、運転するトラックの種類によってある程度は絞られますが、それでもまだたくさんの求人があります。できるだけ、実際に働きだしてから、思っていたのと違ったとなってしまわないように、マッチングは事前にしっかり行っておきたいものです。そのためには、あらかじめ自分にとって必要な条件をピックアップし、それに基づいて求人を絞り込んでいくことが大切です。

まずは、正社員、契約社員、パートなど、雇用形態はどの状態を望むか、そして、給与に関する条件はとても大切になってきます。扶養しなければならない家族がいる場合などは、生活が苦しくならないよう、最低でもどのくらいの給与が必要なのか、把握しておく必要があります。雇用形態によって、待遇も変わってきます。また、月給が安くても、住宅手当や家族手当などが充実しているパターンや、月給が高めでも、手当てが全くない場合もあります。月給の欄に書かれている金額だけを見て、判断しないようにしましょう。また、試用期間がある場合は、数カ月間にも渡ることが多いため、その間の給料はどのようになっているかの確認も、必ず行うことが大切です。

優先順位を付けて条件を決めておく

絶対に譲れない基本的な条件が決まったら、他の事柄に関しても希望をまとめ、優先順位をつけていくようにします。例えば、休日については、土日が良いのか、それともシフト制で調整できる方が良いのか。また、日勤のみ、夜勤のみ、それとも早朝や深夜でも構わないのかなど、勤務する時間帯についても、家族のライフスタイルなどとも照らし合わせながら考えるようにしましょう。勤務時間は、その会社が行っている業務内容や、採用される部署によって異なってきます。休日や勤務時間にこだわりがないようであれば、必要条件としての優先順位は下の方になっていきます。その人によって、必要としている条件は変わってくるので、それに応じて順位を調整していくようにしましょう。

その他にも、もくもくと運転に専念したい人は、手積み手降ろしのない求人、自身の仕事の能力をアップさせたいという人は、資格取得支援制度がある求人など、それぞれが求める職場環境に対する条件を挙げていくようにしていきます。これらの作業をすることは、求人を探すための準備というだけではなく、自分自身のキャリアや、求めている職場環境についても、再度見つめ直す良いキッカケにもなるでしょう。

© Copyright Select Recruiters . All Rights Reserved.