トラックドライバーの求人を選ぶメリット

大型と中型トラックドライバー働くメリット

トラックドライバーの求人は仕事内容が運転する車種により変わります。大型トラックドライバーの仕事内容は多くが朝働きだして、その日の夕方か夜仕事が終了するというスタイルではありません。1度運行すれば遠距離が殆どなので自宅へ何日か帰ることができないことがあります。目的地まで荷物を運び荷入れや荷下ろしは無い仕事懈怠もありますが、勤務する会社や委託された業務形態により違いがあります。働き方は運送会社の社員としての勤務か、大型トラックを自分で所有して業務委託を受注する働き方もあります。車両総重量が11トン以上の大型車両なので資格は大型自動車免許が必要です。 中型トラックドライバーの仕事内容は遠距離を走ることも稀にありますが中距離がメインで殆どがルート運行です。日帰り可能な職域ですが勤務時間は会社により様々です。働き方は会社員として勤務する場合が殆どですが、稀に自分で中型トラックを所有して業務を受注して働くドライバーもいます。中型トラックドライバーの市場は業界の中でも1番豊富といえます。そのためニーズが多いので求人も多種多様です。ただ荷物を運んで降ろす以外にも、受注先の簡単な客とのコミュニケーション能力も求められることもあります。車両総重量は5から11トンまでで必要な資格は中型自動車免許です。

小型と軽トラックドライバー働くメリット

小型トラックの仕事内容は中型トラックと比較してさらに細かい内容になります。運転する距離は近距離でルート配送がメインになります。この職種の求人は多く仕事を見つけやすいというメリットもあります。小型トラックの車両総重量は5トン未満で積載量は2トン程度です。必要な資格は普通自動車免許ですが、AT限定免許は車種により不可になることもあります。乗り降りが頻繁なので体力もある程度必要ですが、中型トラックドライバーと一緒で、受注先のお客との簡単なコミュニケーション能力も必要です。軽トラックドライバーの仕事内容は宅配便が主な業務ですが、企業の代わりに配達したり時間や運賃で請け負うこともあります。 業務内容は多種多様ですが、企業や個人宅へ請け負う営業所から荷物を運び繁忙期は大変忙しくなります。繁忙期は軽トラックドライバーにとっては稼ぎ時ともいえます。勤務形態が会社員の軽トラックドライバーはその時期の配達量は賞与として反映する場合があります。個人で軽トラックを所有して業務を委託された、軽トラックドライバーの場合は配達した数と量がそのまま出来高としてドライバーに反映します。1年を通して仕事はありますが、繁忙期を中心に働くドライバーが沢山います。

トラック運転手の求人では事故歴の有無を確認するために、応募の際に運転記録証明書の提出を求めることが推奨されています。

© Copyright Select Recruiters . All Rights Reserved.