トラックドライバーの仕事内容

仕事内容はトラックの大きさで決まる

街中で頻繁に見かけるトラック。昼夜問わず私たちの荷物を届けるために走り続けていますよね。基本的には荷物を指定の場所に運ぶという仕事ですが、具体的な仕事内容の違いはご存知でしょうか?トラックドライバーの仕事内容は、トラックの大きさによって決まります。一番ベースとなるのは、小型トラック、中型トラック、大型トラックの3種類です。小型であれば普通自動車免許で運転できます。そのため未経験からトラック運転手になる場合は、まず小型のドライバーから始めることが一般的です。そこで慣れてから、中型、大型とステップアップしていきます。 小型トラックドライバーは、コンビニへのルート配送や生鮮食品配送、小包など比較的軽い荷物を運ぶ仕事が中心です。決まった範囲で近距離を走ることがほとんどのため、基本的には日帰り業務となります。近距離のため、複数の配送先を回ることが多いです。中型トラックドライバーは、主要都市の集配所や荷揚げ場所へ荷物を配送することが多いです。小型ドライバーより走行距離は増えるため、納品先によっては泊まりになる可能性もあります。この仕事をする場合は、中型自動車免許が必要です。大型トラックドライバーは、長距離移動が必要な荷物を配送する仕事です。高速道路を使うことも多く、指定の時間までに配送しなくてはいけないため、経験と体力が要求されます。

自分の望むライフスタイルによってトラックの大きさを選ぼう

乗るトラックの大きさで、走行距離や運ぶ荷物が大きく変わります。特に小型と大型では走行距離が全く違うため、自分に合ったトラックを選ぶことが重要です。自分の性格と合うかどうかや、給料の良さなどを基準に選ぶと良いでしょう。小型トラックドライバーの場合、近場を走るのでほぼ日帰りです。そのため、毎日しっかり帰宅して睡眠時間を取りたい方にはオススメですね。しかし近場を走るため荷物の個数が多く、それだけ積み降ろし作業も増えます。そのため、ずっと運転していたいという方には不向きとも考えられるでしょう。 大型トラックドライバーは長距離移動をするため、夜通し泊まりがけで運転します。県をまたいで仕事できるので、いろんな知らない場所に行ってみたいという方にはぴったりかもしれません。しかしトラックの中で眠らなくてはいけないので、疲れはあまり取れません。そのため体力がある方でないと厳しいでしょう。このように、一口にトラックドライバーといってもトラックの大きさで運ぶ荷物や走行距離が大きく違います。また、正社員として働くか自営で働くかにもよって、給与が大きく変わるので注意が必要です。自分が稼ぎたい金額によってトラックの大きさを決めるのもオススメですね。 トラックドライバーの求人を探す場合は、自分の性格や望むライフスタイル、体力などを考慮してしっかりマッチしたものを選びましょう。

小型のトラックドライバーの求人は小回りが利くため需要が高く、大都市圏を中心に積極的に募集する傾向があります。

© Copyright Select Recruiters . All Rights Reserved.