トラックドライバーの求人の特徴

トラックドライバーになるとどんな形で仕事をしていくことになるのでしょうか。トラックドライバーの仕事内容を確認した上で、求人の特徴をメリットとデメリットという観点から確認し、どんな着眼点を持つべきかを考えてみましょう。

トラックドライバーの仕事内容

トラックドライバーの求人を選ぶメリット

トラックドライバーの求人を選ぶデメリット

高齢になると給与が下がる傾向にある

トラックドライバーの求人を見てみると、サラリーマンの初月給と比べるとだいぶ高めに設定しているという印象を受けます。さらに、大手になるとボーナスなどの手当ても充実しており、随分と好待遇だと考える人も多いようです。しかし、他の業種の場合長く勤めるほど給与が上がるというのが一般的ですよね。それに対してトラックドライバーの場合は高齢になるにつれて逆に給与が下がる傾向にあります。その理由はトラックドライバーの仕事内容にあります。 トラックドライバーの主な仕事内容というと、トラックの運転ですがそれだけではありません。運ぶ荷物の積み下ろしも大切な業務の一つとなります。若い頃は体力がありスムーズにこなせていた荷物の積み下ろしも、年を重ねるごとに思うようにいかなくなってきます。そうなってくると、業務に時間がかかるようになり、それに対して給与が下がってしまうという人がほとんどです。トラックドライバーの仕事を20代で始めると、次第に経験を積み、大体40代~50代頃が一番仕事をこなせる年齢となります。60代を過ぎてくると経験はあっても体力が衰えるため、どうしても作業効率が低くなり、給与も低くなってしまうのです。もちろん、中には60代でもバリバリ仕事をこなす人もいますが、やはり高齢になるにつれどうしても収入は下がっていきます。

荷物の積み下ろしや長期運転で腰痛になることも

トラックドライバーの仕事は、トラックの運転だけでなく運ぶ荷物の積み下ろしもあります。荷物の積み下ろしは、荷物の会社や荷物によって違いがあります。例えば、パレットという台にいくつのものダンボールが載せてあり、これをフォークリフトを使って下ろすだけの作業良いというところもあれば、荷物を一つ一つ手作業で降ろさなくてはいけないという事もあります。フォークリフトだけであれば資格を持っていれば特に問題はありませんが、手作業となるとどうしても体力のいる仕事となり、腰を痛めてしまう人も少なくありません。 そしてもう一つの腰痛の原因が、長期運転です。トラックの運転手となると長時間運転をするのが当たり前となります。昔は何時間も連続で運転をしてその疲れから事故を起こすという事もあったようですが、現在は法律でしっかりと決められていて、定期的に休憩をとることが義務付けられています。それでも、トータル的に何時間も運転席に座っているということに変わりはありません。そうなるとどうしても腰痛になりやすくなってしまうのです。トラックドライバーの人の中には、長時間の運転による腰痛が原因でやむなく他の業職に転職する人も少なくありません。

トラックドライバーの求人の選び方

トラックドライバーになることを決意したら求人をうまく選び出すことが大切です。求人の選び方には色々な方法がありますが、うまく魅力的な求人を選び出すには流れを押さえておくことが大切なので一般的な方法を紹介します。

必要条件を決めておく

トラックドライバーの求人を探す場合、たくさんある求人の中から自分にピッタリと合ったものを探すのは、なかなか大変ですよね。勤務地や、大型トラックか中型トラックかなど、運転するトラックの種類によってあ…

条件に応じて求人を絞り込む

トラックドライバーの求人はたくさんありますが、まず大切なことは給与を確認することです。仕事内容や福利厚生、職場の雰囲気が良くても給与が生活費に足りていなければ生活をすることができません。給与条件を…

比較してより良い求人に応募する

トラックドライバーとして就職をした後に仕事内容や待遇の面で悩まないために、早い時期からドライバー求人の数が多いサイトを使って、色々な条件を比較してより良い求人に応募することが大切です。特に、基本給…

資格取得支援もあります!多種多様なトラックドライバーの求人

危険物取扱者や高圧ガス移動監視者の資格を存分に活かせるのが、灯油やガソリンのほか、高圧ガスを運ぶトラックドライバーの求人です

© Copyright Select Recruiters . All Rights Reserved.